いろとりどり

全容変化

オートマティスムの限界が来た。

 

次は全容変化というものと対面している。

 

無意識への対峙は終わって、次は、意識である。