タイムレスノロマ

時間の変化へのマイペースなゆっくり反応

可能性を湛える泉

物事の成就には、意外なことを組み込まないと出来ない場合が多い気がしている。

 

意外なことは、もちろん、ぱっと思い付かないので、ああかな?こうかな?と考えて行く。

 

この過程はどんな物事についても使えるし、自分の中に大人的知識が少しでも入っていれば、それがそのアイディアを現実的に即して出せるような状態になれると思っている。

 

ああかな?こうかな?と、時間を掛けて問答することは、永遠に出来さえするような気がしている。

広告を非表示にする