いろとりどり

言葉ではない深い存在

話さない、とても深い深い所に存在する何か、エッセンスのような者。

 

そこに、自分の深い部分が到達するイメージ。

 

すると、自分の活動が、無心のものとなる。