タイムレスノロマ

時間の変化へのマイペースなゆっくり反応

苦しみについて個人的見方

敵とは何か?

 

自分自身に苦しみを齎すもの全てだと考える。

 

しかし、苦しみは成長を齎すとよく言われる。

 

自分は、というよりも、自分とハイアーセルフとの一人という感じの見方からすれば、本来あるべき自分のレベルが、苦しみを齎すものによって抑え込まれ、低くなっているのが、苦しみを乗り越えると、本来の高さに戻るから、成長しているかのように人からも自分のエゴからも見える、という気がしている。